わかさぎのページ
Club Crest ワカサギ釣り ワカサギ雑学入門 ワカサギ雑学中級編 ワカサギ雑学上級編 天然湖の環境 >貧栄養湖
天然湖のなかにすむ生き物の環境について (貧栄養湖)

先ほどまで富栄養湖の循環スタイルを見てきましたが貧栄養湖では少し違います。
大きな特徴としては夏と春の停滞期に現れます。群馬県内では貧栄養湖は数少ないようですが
比較的透明度の高い湖などに見られます。


水温と酸素について(夏) 夏の停滞期(貧栄養湖)
  新緑がまぶしく汗ばむ日々が続く季節の頃、平地の湖は太

 陽にてらされ表面の水温が上昇すると共に、風によるかくは

 んから水温の高い表層水と水温の低い深水層、そして水温

 躍層が形成されていきます。
(ここまでは同じです)

 

  水深の大きな湖や栄養素が少ない湖では春に形成さ

 れた停滞期の水が湖の深い部分で維持されています。

 これは底層付近で微生物による有機物の分解が少な
 
 いか、深すぎて表水層のエネルギーが届かないため

 です。そのために比較的高い酸素が維持され、多くの

 魚が湖底深くまで潜って行くことができます。

  右図の表層近くの酸素が低いのは、水温が高くなる

 と酸素は溶けにくくなり。また、標高が高いと気圧が低

 いために空気中に酸素が逃げ易いからです。



         生き物の環境に戻る




水温と酸素について(冬) 冬の停滞期(貧栄養湖)
  お正月のCMをメディアで見かけるようになった頃、標高の

 高い湖や高緯度地方の湖では湖面は結氷し始めます。十分

 に凍りの厚さが増してくると湖は冬の停滞期に入っていきます


 (ここまでは同じです)




 
  貧栄養湖の場合、湖底に堆積した有機物の分解に

 使用される酸素の量は少なく、湖の表層と底層部での

 酸素濃度はあまり変化がありません。

  このような湖は透明度が高く、深みのある水の色が

 特徴です。1年を通じて湖底近くでは水温変化が少な

 く神秘的な湖が多いようです。




         生き物の環境に戻る



2002 Pond-Smelt.  All rights reserved,
WRITTEN BY Club Crest