渓流魚 Club Crest! 渓流魚 電動リール!
ビギナーの為の道具選び

エサ釣り仕掛けの構成 



サオ
5m〜8mの振り出し竿

天井糸
0,2号〜0,6号ナイロン糸 4m程度使用

水中糸
0,1号〜0,3号ナイロン糸 2m程度使用

オモリ
やわらくん3〜2B号 通称カミツブシ

ハリ
袖針3号〜6号 初心者はマス針8号も可
仕掛けの概略

竿

『これから始める方にとって、お薦めの竿は?』と
聞かれると非常に困ってしまうのが、現状である。

細かく見るなら・・・
渓流域や本流大型魚を狙うなら硬めの竿
細糸仕掛けを用いるなら柔らかめの竿
魚を抜き気味に釣るなら硬めの竿
イナシて取りこむなら柔らかめの竿
ヤマメなら柔らかくイワナなら硬めの竿

ヤマメは総じて(桜鱒化を除き)小物が多く、イナス
のも比較的楽、イワナは石の下に潜りたがりライン
が底石と干渉しやすい事や、思いもよらず大型サイ
ズに出くわす事もあるからだ。
 
本流域の釣りなら竿の全長は6〜9m欲しいし
渓流域であれば5,4mで間に合う。
右の竿などは、6,1m〜5,1mまでを3段階に使う
事のできる竿であるが・・・・・

最初の1本を薦めるのであれば、振り続けて疲れな
い竿、0,2号程度の糸が使えて、調子は7対3位
の方が、初心者には扱いやすいであろうか・・・

竿

帽子

帽子といっても特別なものは無い。
日差しから目を守ったり、頭部に直射日光を
受けない為のものであり、動作の大きい釣り
では
野球帽の様な物が好ましい。
また、夏季の釣りにおいては麦藁帽子も涼を
取れるので、私は結構頻繁に使用している。


お勧め商品も参考にされたし・・・

サングラス

有っても無くてもいいのではなかろうか?
サングラスには偏向物と、減光物があるが、
偏向サングラスを用いたからといって、水中
の渓魚が劇的に発見できるものではない。
川に立ちこむのに、川底が見えるから必須と
言われる方がいるが、基本的に川底の石を
足でつかむ感じで歩く物、過信は禁物だ。

水面からの反射が強く目印が見辛い時には
有効
な事も有る。

お勧め商品も参考にされたし・・・

フィッシングベスト

これは必須! 針にオモリ・予備の仕掛けや
タバコ等を、ウエストポーチに忍ばせるより
機動的なのだ。

釣りのベストは種類や色、素材など様々で
鮎釣りや本流大物狙いの方は、水はけのよい
物がよく、夏季の釣りではメッシュ生地の物も
良いであろう。

冬季の釣りでは、ベストの下に着込めるように
2サイズ程大きい物が扱い易い。又、ワカサギ釣り
等では浮力を持つフローティングベストが良いであろう

特に、子供との川遊びにはフローティングベストを、
是非与えてあげたいものである。毎年のように、川原
でのバーベキューで痛ましい事故が起こるのは、
他人の私でも、少々が心痛む・・・・


お勧め商品も参考にされたし・・・


餌箱

最近のエサは多様化してきている。川虫で有
ったりミミズであったりと、多くの種類が販売
されている現状を見ると。一度の釣行で、正解
のエサなど存在していない事に気づかれるで
あろう。水況により季節により、時間や先行者
のエサの種類により、渓魚の口の好みが変化
する。最低でも
2種類ほどのエサが格納できる
物が好ましいが、必ずしもこの限りではない。


お勧め商品も参考にされたし・・・
餌箱

フネ又はビク

得られた収穫を、釣行終了まで保管しておく物
であるが、
解禁から5月ごろ迄は釣った魚を、シ
メて
ビクに入れておいても、比較的安心であるが
梅雨時期からは、痛みやすい時期でも有る。

この事を考慮すると、
本流域では、鮎の引船など
を用いて、釣りを終了するまで生かしておくのが
好ましい。晩のおかずにと、小さな個体と入れ替
えたり、選別したりと生け簀ならではの使い方が
特徴である。


お勧め商品も参考にされたし・・・
船とビク

タモ

タモとは樹木のタモではない。釣った魚をすくう網
の事であるが、フライフィッシング用のランディング
ネットでもいいし、鮎タモでもいい。

細糸仕掛けで有ったり、大きい魚で無い限り出番
は比較的少ないもの・・・・

記念の
写真を撮るなら、小さくても網に入れ、魚を
水中に没して痛めないようにしよう。

お勧め商品も参考にされたし・・・
タモ

ウェーダー

これも必須条件の一つ。ネオプレーン製の物から
強化ナイロン製の物。釣り用の靴が一体の仕様か
ら分離可能なタイプまで、様々な物が出回っている。

初心者の方が、まず最初に揃えるならば、
靴が一体型の強化ナイロン製がいい。
安価であるし、行き帰りの服装の上にウェーダー
を履くことも出来る。解禁から6月頃までの好漁期
の気候変化に対しても着込みの調整が利く。

ナイロンの為、熱や引っかかりには弱いが、鉤傷を作っ
てしまうような釣行は、体力を消耗したり自分の身に何
らかの危険が有る証拠でもある。

初心者なら、そのような釣行は避けるべきである。
季節が進んで夏季に入ったら、鮎用のウェダーがいい
靴と分離タイプが多いのだが、暑い日差しの中、川岸の
浅瀬に尻をついて休むと、足首から進入する、清流の
水がとても心地よいものである。

お勧め商品も参考にされたし・・・


仕掛け

餌釣りの仕掛けは、大まかに言って糸とオモリ、
目印と針から構成されています。釣り場に臨んで、
仕掛けを作るのも問題は無いのですが、早朝の
暗がりや食い立ちのいい時期を、仕掛けの作成
で手間取っているのも、もったいない話
出来る限り、自宅で作っておきましょう!

自宅で仕掛けを作る時から、釣りは始まってい
ます。



お勧め商品も参考にされたし・・・
小物各種



CLUB CREST

2002 Pond-Smelt.  All rights reserved,
WRITTEN BY Club Crest