渓流魚

Club Crest
本流イワナ・ヤマメ >イワナ・ヤマメの仕掛け作り >水中糸の作成
 


水中糸は、”字のごとく”水中に没する糸の事である。魚を掛けるまでは、大半の部分が
空中に出ているが、魚を掛けてから、魚の暴れるのを防ぐ為に竿を寝かせると、ほとんどの
部分が水中に入ってしまう。初心者では、魚を強引に引いてしまう傾向があるが、
使用する糸が細い程、竿を寝かせてやり取りをする方法が効果的だ。

水中糸は、外見がが大丈夫そうであっても、糸が弱り次第交換して
ベストの状態で釣行を続けよう。


水中糸の作成(予算の有る方は、編み機等を購入しましょう)

水中糸の太さは、竿の硬さと関係している。


正確には、穂先と穂持ち・胴のバランスといえるであろう。
穂先ばかり柔らかくて、穂持ちや胴がガチガチに硬ければ
同じように細い糸は使え無いのである。

竿が硬ければ細い糸は使えないし、柔らかい竿に、太い糸を
用いて大型の魚を狙ったりするのは、効率の悪い釣りともいえる。

出向く河川と、狙うべき魚のサイズ・そして手持ちの竿の
使用限界に応じて水中糸の太さを決めよう!


竿とのバランスがわからない時は、
購入する釣具屋で、
『25cmの魚を、この竿で釣る場合、
水中糸はどの位まで細く出来ますか?』

と聞けば親切に教えてくれるので、恥ずかしがらずに
聞いてみよう。

縛りはじめ

編み込み準備は、こちら

編み込み手順はこちら


編み込みが終わったら、水中糸の長さを計る

水中糸の長さを計る!

用意したメジャーで適当な物を測っておこう!

畳であれば、長手方向は約6尺(1800mm)であり、短いほうは

おおよそ3尺、測っておく物は、ダイニングテーブルでもいいし、

両手を広げた長さ(ひと広)でもいい。使い勝手から言えば、

”ひと広”が一番使いやすく、次に3尺程度の長さのものである。


次に長さであるが、初心者には、竿の長さ半分が

水中糸・残りの半分が天井糸が良いと思う。

7.0mの竿なら両者3.5m

 5.4mの竿なら両者2.7m
長さを測る

水中糸に目印を縛り付ける。

釣りをする上で、目印は重要なアイテムである。

市販されている物でも良いし、右のように、目印用のフィラメント
を縛り付けてもいい。私の場合、ここは編み込みでの取り付けを
行っていない。これは、餌を投入すべきポイントによって、目印の
位置を移動させるのに、片手で楽に動かせるからである。

編み込みの場合、稀にキツク噛み込む場合があったり、両手で
目印を移動させなければならないこともある。

また、目印の色は自分が見やすい色が良いであろう。各個人の
目の能力や体調、川面からの反射光によって見やすい色は
常に変化する。私の場合、蛍光のオレンジとグリーンを下記の
ように、大まかであるが使い分けている。



目印

目印の縛り方はこちら

早朝、夕方の逆光時=オレンジ4個
早朝、夕方の順光時=オレンジ2個 グリーン2個
日中、森林内の渓流=グリーン4個
水中糸を仕掛け巻きに巻くには、
仕掛け巻きに巻く

現在加筆中


出来あがった、仕掛けの持ち歩き方や

現場でのセット方法など、加筆記事予定。
巻き方
編み込み準備は、こちら 編み込み手順はこちら



CLUB CREST

2002 Pond-Smelt.  All rights reserved,
WRITTEN BY Club Crest