渓流魚

Club Crest
本流イワナ・ヤマメ >イワナ・ヤマメの仕掛け作り >本流竿選び


本流竿に限らず、竿選びにはいくつかの要素が存在する。
対象となる釣り方に対して要素が満たされ
た時が、最良の竿選びとなるであろう。

しかし、実際には本流釣りを始めるための、最初の一本を
選ぶのは結構難しい。フィールド・魚・水量・ライン・技術など
複合的に絡み合うことが多いからだ。
そこで、私が他人から問われた時に、私が答える場合の、個人的な考え方を紹介する。


いきなり本流釣りをするより、渓流を経験した方がポイントを狙い易いのだが・・・

本流竿の選定基準

理想の竿とは・・・


具体的な竿選びは、結構難しい物である。対象となる
魚の種類、釣り方、フィールド、使用するラインなど細かく
追求するときりがない。細かな条件を無視すると、大まか
に右のような関係となるが、資金の余裕が有るならば、
右の4項目を満たす竿を探すのがいいであろう。

押並べて4項目揃った竿は比較的高価であるが、何を
もって高価であるかは、個人の感覚の問題である。
理想の竿


竿の大きさと価格


現在、販売されている竿の多くは、右のような関係に有る。
竿が長ければ高価であり、軽量な竿ほど高価になる傾向だ。
この傾向の他にも下記のような選定基準がある。

@ どのフィールドで用いるか?
A フィールドまでの移動方法は?
B フィールドでの使用時間は?
C 予算は? 

竿を選ぶ時、中々すべてを満たす物は多くない。
現実には、価格だけで購入する人、メーカーや
友人の進めなど、選択のきっかけは様々である。

釣りの竿は道具である以上、ナイフと同様に使い
込んでこそ、不満や満足点を見出せるものである。

個人的な選択基準であるが、以下に示してあるので
参考にされたし
(あくまでも、私個人の選択基準である)
重さと竿
具体的な選定
卒業 渓流

広い支流 写真のような開けた河川では、竿の全長を駆使して最良の
居付き筋を流すと思いのほか楽しい釣りが可能である。

本流からの大型遡上魚も居るので丁寧に狙いたい。
ライン 0,15号〜0,25号
竿の長さ 5,1m〜7,0m程度
仕舞い寸法 50〜70cm前後
(本流河川でも対応できる竿である)
竿の調子 6:4〜5・5の軟・中調子
一押し 翠隼ZK-スイシュン

ラインが細くなると、魚のサイズとの問題が発生する
が0,15号でも、魚をしっかりと泳がせて寄せる
((魚に泳いで来てもらう)なら30cm越えも取り込める。

本流 本流は、ポイントの多さや魚の個体数・サイズ共に
渓流筋を凌いでいる。一般的に魚は朝夕には、本流
であっても瀬脇にいる。瀬脇は川虫も多く、魚にとって
食堂と言えるのだが、
瀬脇をふっ飛ばして芯から攻めるのは
やめた方がいい。小型だが数が狙えるのである。
ライン 0,1号〜0,25号
竿の長さ 6,0m〜7,0m程度
仕舞い寸法 60〜130cm前後
(一部渓流でも対応できる竿である)
竿の調子 軟調胴調子〜極軟先調子
一押し シマノ ウルトラゲーム

ダムや海からの遡上魚や居付きの大型ヤマメ
が魅力の本流筋。竿も長く重量のある竿が主体
になるが、1度味わってしまうと病みつきになる。
ライン 0,3号〜0,8号
竿の長さ 6,0m〜9,0m程度
仕舞い寸法 60〜130cm前後
(本流河川大物対応の竿である)
竿の調子 6:4〜5・5の軟調子
一押し スーパーゲームパワー

以前、利根川浅田地区で9mの竿を用いて瀬尻の落ち込み直下に潜む大型ヤマメ・マスを狙ったのだが、奴等に合うことが
出来なかった。仕方なく
瀬脇を釣り下ったのだが出るのは20cm前後のヤマメばかり・・・
数は出たが、
9mの竿は過ぎたと思っている。瀬脇だけなら、渓流竿でも十分だ。

CLUB CREST

2002 Pond-Smelt.  All rights reserved,
WRITTEN BY Club Crest