渓流魚
Club Crest本流イワナ・ヤマメ >イワナ・ヤマメの仕掛け作り >水中糸と針の扱い

釣りの現場に着いて、仕掛けを川の状況に合わせ現場で仕掛けを作る人も多いが、自宅で仕掛け
を作っている時から、釣りは始まっているのである。自宅で仕掛けを作る最大の目的は、
『現場で、仕掛け作りを行なう時間を省くことが出来る』
と言いたいが、実は
忘れ物が無い様にすることにあると言っても良いであろう。

足りると思っていた、水中糸用のラインが足らなかったり、針の在庫、オモリの在庫など
仕掛けを作りながら確かめると、自然と釣りの現場で、苦労することがなくなるものだ。


仕掛けが駄目になったら、即座に交換も出来るし釣行に使用した仕掛けで、間に合ったのか、もっと太いラインの方が
良かったのかなど、自宅に帰ってからでも、仕掛けを見ながら十分に思い出せることも良い。
したがって、交換した仕掛けは必ず持ちかえって、今日の釣果を確かめよう!





穂先と天井糸の接続

竿にもよるが、穂先はリリアンの物と回転トップの
物がある。どちらも『ここ』で作成した輪を、
チチワで結ぶ。

竿を購入するときに
付いてくる説明書を参考にしてもよい。



ほさき



天井糸と水中糸の接続

水中糸に『ここ』で作った編み込みのコブ

に天井糸のワッカを、チチワで結ぶ。


水中糸



接続糸を用いる場合

水中糸が、ハリ交換などで短くなった場合、天
井糸と水中糸の間に挟む。

『ここで作った物』接続方法はチチワで結ぶ。


接続糸



オモリの付け方


オモリは編み込み式やティッシュを挟む方法を推奨し
ている傾向にあるがが、
直にラインにつけても問題ない。
(Aの方法)

魚が掛かるとオモリ下は激しく揺すられるので、重いオ
モリの場合、オモリ下の部分から切れることがある。

魚とのやり取り中、ラインは伸ばされ直径が細くなる
事で、
ハリ側の激しい運動によりオモリは、目印方向
に蹴り上げられる。
動いてしまうのを嫌う方も
多いのだが、オモリが移動することでライン切れを
回避しているとも考えられるし、そもそもオモリは
ポイント毎に長さを調整するので、動いてしまうくらい
が丁度良いであろう。

移動式や詰め物をしても、ラインは常に石に擦られたり、
魚が掛かって伸ばされたりと、結構疲労している。

オモリの擦れで糸が痛み、強度の僅かな差で、
切れてしまうようなギリギリの釣りはしないほうがいい。

0,1号のラインは思いのほか強いものである。
それは、竿の柔らかさや粘り、やり取りの立ち位置
等で劇的な強度変化を生じるものである。


さて、オモリへの詰め物や編み込みでも1日は
持たない。糸の痛む場所は、ほぼ共通で、
劣化を気にするなら、糸の痛みが生じても強度のある
太い糸を使えばいい。

オモリを重くして、餌を先行させて流すならば、
魚からラインは見難い為である。

0,1号は所詮0,1号であって、編み込んだからと言って、
格段に劣化が収まる物ではない。


痛んだら交換するのが、最良の方法である。


おもり
 A ライン直付け                   
B 編み込みの上に付ける           
C 編み込みから足を出し、この足に付ける。
(根掛りの時、錘だけ外すらしい)
D いずれの場合にしても、錘の中心付近に
挟み、両脇から噛み潰す(軽くで良い)

餌を振り込む前に、ラインを口に咥え、舌で軽く触って、
糸をユックリと舌の上でスライドさせると、
傷みをチェックする事が出来る。


舌を切らないように注意が必要だが、
これを行なっていると、痛む部分が
見えてくるし、交換のタイミングが見えて来る。


編み込みやティッシュを噛ませても
いたむ部分は
ほぼ同じ場所である。

確かめる場所は、針からオモリ上50cmまで




ハリの結び方

ハリの結び方は沢山あるが、結束強度を
追求すると限が無い。


私は、現場で結ぶことが多く効率の良い、トックリ結びや
漁師結びを多用している。ハリに対して平行にライン
が出ない事など気に入らない部分もあるが、
魚を強引に寄せず、魚に泳いで来てもらう
感じで寄せるならば、漁師結びでも
強度的には問題ないであろう。

結び目から飛ぶような寄せを行う場合や
大型の魚を狙う場合は、
他の強度のある結び方を選ぶと良い。



(ムービーの予定)

針先のチェック

針先は、釣果に関わらず意外と痛む。
適当に写真のように、親指の爪に軽く
針先をあてがい、そっと横に引いてみると
磨耗具合が判別できるのだ。

新品では、しっかりと針先が爪に食い
込み滑らないが、磨耗してくると簡単に
滑るようになるので、自分の釣りペースに
合わせて交換しよう。
針先のチェック


CLUB CREST


2002 Pond-Smelt.  All rights reserved,
WRITTEN BY Club Crest