渓流魚

Club Crest
本流イワナ・ヤマメ >ポイント選び >瀬脇の条件を満たすポイント
瀬脇の条件を満たすポイント

緩い流れの瀬脇は、比較的釣り人に雑に扱われていることが多い。雑に扱われていると言っても
写真の様な瀬脇は、釣りを試みないと言ってもいいであろう。 釣り人共通の心理なのであろうか?
川面を見ながら、足が水に濡れる、程無意識に近づいてしまう。非常に重要なポイントでもあるので、
注意して釣りを試みるポイントである。





瀬脇=瀬(障害物)の両岸に近い場所で、流深部より浅くなっている場所のことだが、
このホームページでは、流芯の脇と位置付ける。よって、極小の瀬も存在することになる。
狙う時期は解禁〜禁漁までだが、緩やかな瀬の脇は春・急な流れの脇は夏に成果が上がる。

浅い瀬脇 浅い瀬脇2

特に、増水時や濁った時は、浅めに魚は居着き、水が澄み切った状況の河川では比較的流芯に
近い所に居着いている。竿の長さを有効に利用して、出来る限り川面から離れて釣りを試みよう





障害物のある瀬脇は魚にとって非常に都合がいいといえる。隠れ家と急流帯から
供給されるエサを効率良く狙えるからだ。
深い瀬脇 深い瀬脇2
右の写真の矢印は流芯を示している。特に水深がある流芯と岸の間に生まれた瀬脇は、
解禁〜禁漁まで一応狙う価値がある。特に水温の上がり始めると、このようなポイントでは流芯
近くに現れて捕食行動を始める。(手前の白色)





非常に浅い流芯の脇に作られた瀬脇は、多くの釣り人が見逃しやすいポイントである。
時に思わぬ大物に出くわすこともあるので、是非狙いたいポイントである。
変化ある瀬脇 変化ある瀬脇2
写真のポイントは水深が30cm程度であるが、沈んだ石と瀬脇の障害物に
よって多くのポイントが発生している。下流から丁寧に準じ狙いたい場所である。




CLUB CREST

2002 Pond-Smelt.  All rights reserved,
WRITTEN BY Club Crest