渓流魚

Club Crest
本流イワナ・ヤマメ >ポイント選び >ニジマスの好みとポイント傾向
超利己的見解! ニジマスの好みとポイント傾向


このコーナーは、初心者向けに開設をしています。実家が養鱒業だったことや、趣味の釣りの中で
得た貧しい経験の中から自分に都合の良いように解釈しています。
ここで述べている事についての、異論・反論、実際に釣れなかったなどのクレームは一切お受けできません
ので予めご理解頂きますようお願い申し上げます。

ニジマスの特徴
@ 幼魚の頃は側線(頭部後方から尾に掛けての線)上に複数の黒斑がある。ヤマメと間違うこともある。
   斑点の数・大きさは個体によって異なる。頬から側線に沿って、強く出る出る紅帯からニジマスと名がついた。
A 頭部から背鰭・脂鰭(アブラビレ)を経て尾にも黒点が存在する。
B 尾鰭に黒斑は入らない。尾の上下が赤みを強く帯びることもある。降海後の遡上ヤマメ『サクラマスは尾が黒いこと』が特徴。
C 本来、日本には存在しない魚種で、古くから輸入された経過がある。比較的鮭鱒類では高温に耐える事や、飼育のし易さから
   多くの地で養殖され、スーパーの鮮魚コーナーでも良く見かけるほどホピュラーである。
D ニジマスはバカだからと言われる方もいるが、放流に頼っている昨今の河川では、ヤマメもニジマスもほぼ同様の釣れ具合である。
   放流される魚の中で、イワナが最も釣られ難く残り易い、一旦飼育されていながら野性味を、まだ持ち合わせているということであろう    か?
E ニジマスのポイントは、ほぼヤマメと同様であるが、放流直後は少々ポイントが違う。この事を下記に記してみる。


ニジマスの主なポイント
ポイント ← 中央黄色円内

   写真ではわかり辛いが、駆け上がりになっている。
   上流から流れ下る水に混じる餌を見渡せる位置だが、
   放流直後は、このような場所に集まり易い。

  
これば放流以前にいた池の、水流や水深などの環境
  が似ているからではなかろうかと推測している。 
 
  
  尚、このような場所は、時間と共に魚が環境になれ、 
  河川全体へと地って行く場所でもある。



→ 写真中央奥の黄色円内

   左から流れる水の筋で、駆け上がりになっている。
   小さな石で分断され、上の写真のポイントが合成された
   ようなポイントである。
放流から数日が経ち、環境に適応
   した個体が居付く場所である。

→ 写真中央左隅の黄色円内

   写真では解り難いが、石が障害物となって止水スポット
   が出来ている。流速の緩い筋においてこのようなポイント
   があった場合、元気な魚はここにつくこともある。
   清流では、ゆったりと泳ぐ個体も確認できることがある。

→ 写真手前の黄色円内

   浅いゆったりとした流れで、拳大の石が並んでいる。
   
比較的小さな個体が多く、ポイント移動時に魚に走ら
   れる場所、
1度魚が走ると近郊ポイントの魚は警戒体制
   に入るので、十二分に注意したい。

ポイント

ポイント ← 中央の黄色円内

  上の流れが落ち込み泡と川底の起伏が富む場所。
 
   最初のポイントで時間が経つと一旦このような場所へ
   集まる傾向がある。
   放流直後の釣り人の多さから、白泡近くへ逃げ込んだり、
   環境に慣れ冒険心からか数匹の個体群で川の中を移動
   遊泳するので、連れた場所を覚えておき、アタリが遠の
   いたら、
似たような場所を次々に狙うことである。


→ 写真の黄色円内

  流心からわずかにずれた場所だが、写真中に流れ
  下る筋に平行して、細い流れの緩流帯と小さい緩流帯である。

  環境になれた魚は、この様な小さなスポットに付き始めるので
  丁寧に狙いたい場所である。


ポイント



CLUB CREST

2002 Pond-Smelt.  All rights reserved,
WRITTEN BY Club Crest