渓流魚

Club Crest
本流イワナ・ヤマメ >ポイント選び >淵の条件を満たすポイント
淵の条件を満たすポイント


イワナ、ヤマメの好みの差は有れど概ねヤマメは明るめな所、イワナは暗めな所にいる。
又、日々の水況により、天候により必ずしも、明瞭にイワナポイント・ヤマメポイントと棲み分けして
いるわけではない。個体の勢力関係にもよってヤマメ狙いでイワナが釣れたりもする。
まず、大事なのは、渓魚の種類別ポイントではなく、

魚種を越えた魚の居着くポイントを、見極めることが最優先である。





淵=水深が深くなって流れが淀んでいる場所。
狙い時期は、早春が中心 釣師の最も好むポイントでも有る。
また、白色のポイントは、深みから浅く広い場所へと移り変わり、ヒラキと呼ばれる事があるが、
ヒラキは淵の一部であり、川底の状況や流れにより、初夏までは比較的魚が、
姿を表す場所でもあるが、大きな淵のヒラキは、竿が届かなかったり、
魚が回遊行動をとっている事がある。

欄干 欄干2
(赤色=イワナ・青色=ヤマメ)積雪の残る上流部を除き、里川ではヤマメが早々より青色に出現し、
イワナの多い河川では、青色部分にイワナが定位することも有る。欄干周りに発生する淵は狙い難い
ので、慎重にアプローチしなければならない。





淀み=の様に、どんなに小さくても緩流帯が有れば魚が居着く可能性が有る。
狙い時期は、解禁〜禁漁までと幅広く、意外と釣り師に人気が無い(竿抜けになりやすい)

よどみ よどみ2
上流の障害物の下に巻き返しの如く、水流があり、尚且つ水深があれば第一級のポイントである。
撮影の立ち位置から狙うが、写真右中央(赤色)のポイントを先に狙う事が先決。
(赤色=白泡が被っていても、瀬脇の条件が揃っていれば、瀬脇として扱う。)





淵ではあるが、このようなポイントには小型の魚が多い。大きく開けた場所には、大型の魚体を隠す
場所も無く、稀にいた場合でも、そわついて落ち着きが無い。

淵1 淵2
ここは下流から対岸に渡り、写真右奥の白泡から続く流れを狙うのが良い。
写真の立ち位置から、手前の魚を右奥へ追いこんだ場合、右奥の成果は薄い。





瀬脇の横にある小さな淵=上部の障害物の張り出しが大きく狙い難い。狙いは解禁〜禁漁までである
が、夏季の直射日光を避け、両型の固体が最深部に居着いている事が多い。(赤色)

岩陰 岩陰2
このポイントも先程と同様に、写真左中央(白色)の瀬をを狙うのが先決





岩盤由来の淵=淵の大きさの大小や、流速の緩急は別にして、写真のように流れが減速した岩盤
際に魚は定位する。川底に石が無く変化に乏しい場合、ここに居着く魚の個体数は少ない。
狙いは、水温上昇時期〜禁漁まで

ぶっつけ ぶっつけ2
このようなポイントは、魚の警戒が強く、概ね上流側の白泡の中に入られてしまう。
慎重なアプローチを心がけ、逃げ込まれた時は瞬時に見切りをつけるのが良い。



CLUB CREST

2002 Pond-Smelt.  All rights reserved,
WRITTEN BY Club Crest