渓流魚

Club Crest
本流イワナ・ヤマメ >群馬県北部の本流と渓流 >片品川水系本流域



釣り人の中で釣行先や河川状況を公表するのはタブーとするきらいもあるが、
今回は、あえて画像入りで紹介する。

ここ数年の、アユの不漁やバスの違法放流など、漁協の尽力及ぶことなく
川面に訪れる人々は減ってきているようだ。釣りを行うものとして川面から
人が消えるのは寂しい限りである。
自然豊かな群馬県北部の渓流美を楽しみながら渓魚と戯れるのも、
雑踏の日常を離れ、ゆったりと時間を過ごす方法ではなかろうか?


なお、釣りを行うには遊魚料を支払わなければならない。
幸い24時間営業のコンビニで購入できるので、必ず購入しよう。


注)大滝川は水量も少なく今回は割愛する。
右の地図上の河川名からジャンプ可能


片品川 D 片品川上流 鎌田以遠

尾瀬の入り口で有名な、大清水
に近い所で、イワナ、ヤマメの
混生域である。片品川は、イワナ
ヤマメ共に放流により全域混生域
である。

尚、上流域には禁漁区が設けられ
ているので注意して釣行しよう。

シーズンを通して狙える。

写真は、片品温泉付近
片品川

C 園原ダムから栗原川合流

100mの大蛇祭りで有名な老神
温泉は園原ダムのバックウォーター
にある。この老神温泉に泊まって
近郊の河川を狙うのもいい。

老神温泉上流は、広い河川と中州
、写真のような堰堤が続き、ルアー
フライ・本流スタイルの餌釣りがいい。

なお、渇水期には水量が激減し渓魚の
活性も落ちるので、朝夕に狙いたい。
ウグイ・ヤマメ・イワナ混生域

写真は吹割の滝下流付近
片品川

B 関越橋上流〜園原ダム

下写真の堰堤より上流部に、数カ所
ではあるが、川を通しで遡行するのに
難しい場所がある。途中平出ダムを経て
園原ダムへと続くが、大きな石がゴロゴロ
と川原に並び、早春の水温上昇は早い。

しかし、通年を通して渓魚の数は少なそ
うだ。解禁前後に行われる成魚放流を
目当てに入渓するのが良いであろう。

対象魚種は、放流物のニジマス・ヤマメ
イワナである。ウグイ・ヤマベ・
ギギの混生域。

写真は、文化橋上流付近
片品川

A 昭和村役場〜関越橋付近

ここから下流は、釣りのメッカである。
ここ数年の本流ブーム・ルアーブームで
平日でも多くの釣り人が竿を振っている。

この堰堤に近づく程、赤城山の噴火に
由来する岩盤が姿を表し大きな淵が現れ
るが、ユキシロなどの増水時は釣りになら
ない事もある、瀬脇の浅場を集中的
に狙う事が、餌釣りでの釣果へ結び付く。

対象魚種は、放流物のニジマス・ヤマメ
イワナである。ウグイ・ヤマベ・ギギの混
生域。

写真は、関越橋上流の魚止め堰堤
片品川

@ 利根川合流〜役場

片品川において、型・数共に実績のある
区間である。利根川からの遡上や放流の
多さから、条件の良い年はヒラキや流れ
込みで、渓魚が跳ねるのを目にするこ
とが出来る。好シーズンは、水量が多く
写真のような瀬でも、水深は深く、川幅も
広い。ここは、人気区間である為か、川を
熟知している者に軍配がある。

対象魚種は、放流物のニジマス・ヤマメ
イワナである。ウグイ・ヤマベ・
ギギの混生域。

写真は、利根合流と役場との中間付近

片品川



CLUB CREST

2002 Pond-Smelt.  All rights reserved,
WRITTEN BY Club Crest
片品川全体図 片品川全体図 片品川全体図 片品川全体図 片品川全体図