渓流魚

Club Crest
本流イワナ・ヤマメ >群馬県北部の本流と渓流 >片品川水系渓流域



地図 @ 根利川上流以遠 

根利集落より根利川は名前を変え集落の真中
で流れを2つに分ける。両支流とも魚は居るが、
渓流というより源流の雰囲気がある。

初心者には、集落上流の道沿いの河川が釣り
やすいであろう。

放流量も多い河川で、小さなヤマメやイワナが橋の上
からでも、眺めることが出来る。採捕制限は体長15cm
であるが、出来れば20cmの自己
規制を設けたいところだ。


写真は根利集落付近
根利川
A 小松集落付近

入渓ポイントの少ない根利川において川面まで近く、
比較的安全に釣行出来るポイントである。

7mの竿も振れない事は無いが5,4m程の竿が
あれば十分に間に合う河川でもある。 

根利川全区間に渡って入漁者の多い河川であるが、
ヤマメ、イワナの混生域の為、先行者から時間
を置けば釣果は望める河川でもある。

また、変化のある渓相の為、比較的多くのポイントが、
竿抜けとなっている先行者の好みを、足跡や立ち後
から推測すると、イワナが程よく釣れる事もある。

写真は小松橋付近

B 片品合流から温泉裏

この区間は非常に短い。しかし、成魚放流後に
狙うと好漁に出くわすことがあり
捨てがたいポイントである。
根利川

地図 @ 塗  川上流

塗川の上流はスキー場の入り口て二股に分かれるが、
これより先は岩魚が居るものの、源流域の様相
と魚が小さい為に、出来れば親魚保全の為にも、出来れ
ば入渓を避けたい所である。

また、川沿いの道から入渓するのも苦労する河川でもある。

写真は塗川上流付近
塗川
AB 塗  川 中・下流

片品川合流からすぐに取水堰堤があるが、程よい水量
の渓相である。イワナ・ヤマメを狙いながら遡上すると、
途中網沢川を左から合わせ、深い谷の中の堰堤を
経て武尊渓谷へと続く。

入渓ポイントは限られるが、川沿いに道が走る部分から
入渓すると良いであろう。

魚影より遊魚者の方が多く感じるが、実は大した
釣果も期待できない河川である。
魚は居るが、人擦しているのが原因であろう。
この河川に限らず、幾つかの支流を集めるが、
出来れば、沢筋には親魚保全の為と、
入渓を避けていただきたい。


写真は中流部キャンプ場付近

塗川

地図 @ 栗原川下流域

この河川は、下に紹介する泙川と共に皇海山をはじめと
する、足尾山塊に水源を発し、どちらの河川も渓相が
良く似ている。

さて、釣りの対象としては、片品川合流部から小さ
な堰を経て、大堰堤までの約2km程度であろう。
イワナ・ヤマメも放流されていて、堰の落ち込み
には魚影が確認できる。

小型の魚が多いが、採捕サイズを守っての
釣行をお願いしたい。





画像が見つからない。

近いうちに撮りに行く予定






栗原川上流部

右の写真は、栗原川林道からの眺めである。
写真ではわかり難いが、右下の白い縦筋は滑
床の川底と大きな滝をたたえた栗原川が映っている。

この場所から、河川に入る為には、急峻な道無き場所
を200m程降りなくてはならない。川を遡行しても時
折現れる滝が巻けないことも
あり、沢登の技術も必要である。

また、上流の不動沢出合いには、円覚の滝・大善の滝
など数十mクラスの滝を抱いた、連爆帯が有ると言うが
私は、そこまで行ったことが無い。

親父の話では、根利山が寂れた後に訪れ、二の腕程も
有る大きなイワナを、焼いて持ちかえった話を聞いた
が、今はそんな奴は存在していないであろう。

概して初心者向けの河川ではない。
入らない事が最も安全である。
栗原川

地図 @泙  川 下流

片品川合流から程なく泙川に堰堤が出現する。

この堰堤から片品川までは水が無く釣りに
ならない。初心者には、この堰堤上流部から
千鳥橋を経て約1,5kmで堰堤となる下流部が
お勧めだ。澄み切った水で魚影が確認出来な
いと言われる方もおられるが魚影は非常に濃い。
橋から川底を眺めると、あちらこちらで、イワナの
追いかけっこを目にすることが出来る。

右の写真の上流に小さな堰堤が出現するが、
夏休みに地元の学生がヤスで尺イワナを数本
仕留めていた光景を思い出す。

人擦は甚だしい河川である。

写真は、千鳥橋付近
泙川
”危” 泙川 中・上流部

川面から林道まで、急峻で尚且つ距離もある。
川は清楚かつ変化に富み、切り立った両岸の
岩肌に咲く山桜や新緑が、この河川の渓流美
に拍車を掛けている。

この河川は、入渓してしまうとほとんど川通しで、
行き帰りを行わなければならない。上流の雷雨
などで急な増水があっても逃げ場に困るほどの
崖なので、
初心者単独釣行は避けるべきである。

超自己流ポイント選びで用いた写真は
この河川で撮影したものである。
泙川


CLUB CREST

2002 Pond-Smelt.  All rights reserved,
WRITTEN BY Club Crest